社労士試験 合格率

チェックリスト1 通信講座はこう選ぶ!

チェックリストの1つ目は、通信講座の選び方です。通信講座の受講は、社労士試験の勉強にもっとも適した方法だと思います。時間を有効に使うことができますし、必要な教材やフォローがあります。社労士受験を決意してから合格まで、最小限の労力ですむと信じています。

通信講座以外の方法を選択されたい方は、わたしはあまり詳しくないのでご紹介できません。でも、次のページ以降の話は役に立つと思いますので、飛ばして読んでください。

◆教材の種類
わたしはフォーサイトの社労士講座を受講したのですが、教材の豊富さに驚かされました。テキスト、過去問題集、DVD、戦略立案編、インターネット学習システム、スケジュール管理など、とにかく多彩でした。でも、覚える量が多いのとは違います。的を絞り込んだスリムなテキストで、基本的には同じ知識を様々な方法で暗記するのに役立つという感じです。

通信講座とひとくちに言っても、タイプは様々です。フォーサイトのように多彩なところもあれば、テキストのみのところもあります。教材の種類はたくさんあるほうが良いでしょう。なぜなら、飽きずに学習をすすめることができるからです。

◆教材の質
教材の質は、最も重要な項目であり、最もわかりにくい項目でもあります。面倒かもしれませんが、資料請求をして、納得して選ぶようにしてください。わたしもいろいろと調べましたが、良くない教材で挫折してしまったなんていう口コミを目にしたことがあります。それでは、時間もお金も無駄になってしまいます。

わたしが特に重視した点は、テキストなのですが、要点がまとめられていることと、わかりやすい言葉・わかりやすい図説であること、この2点です。フォーサイトは案内のパンフレットを見て、「まさにこれ!」という感じでしたし、資料請求をしたら教材サンプルが入っていて、納得して決めました。ただでさえ難しい法律の話です。わかりやすくないテキストは使えません。

◆教材以外のフォロー
教材以外のフォローも大切です。特に、質問に答えてもらえるか、法改正の情報を受け取ることができるか、カリキュラムは用意されているか、社労士試験に必要な勉強法が提供されるか、これらは抑えておきましょう。

ちなみに、フォーサイトで最も気に入っているテキストに、「戦略立案編」があります。このサイトでも何度か登場していますが、これには勉強法(やる気の出し方までも!)が書かれています。

◆受講料
受講料で選ぶわけではありませんが、重要なポイントです。安さだけに重点を置くと、よい講座に出会うことができないかもしれません。通学することを考えれば比較的低価格ですみますので、質に見合うものを選択してください。

次のページへ >>


→「時間がない!知識がない!」あなたを合格に導くフォーサイトの通信講座!